プログラミングをわかるようになるために必要な時間、期間の目安

エンジニア向け
スポンサーリンク

こんにちは。まつもんです。

最近プログラミングの勉強始めたけど全然わからない。。。

こんなの続けてもできるようになれる気がしない。。。

近年、プログラミングの勉強を始めてIT業界への転職やフリーランスになりたいと考える方が増えてきたと思います。

そんな中、プログラミングを勉強する人が一度は通るであろう「全然わからない・・・」状態。

私もプログラミングを勉強し始めた当初は、「はじめての○○」のような入門書であっても

  • なぜこのようなプログラムで動くのか分からない
  • なんて書いたらいいかわからない
  • 書いてあることが全然理解できない

という状態でした。

そんな私でも今ではプログラムを仕事にしているエンジニアです。

そこで今回は、私がプログラミングがわかるようになるまでにかかった時間を公表しつつ、プログラミングにかけた時間と実力の推移について説明します。

ちなみに学部は情報系だったものの、私はFラン大学に通っていたため頭がいいタイプではないです。

そのため今回の情報はプログラミングで詰まっている多くの人の参考になるかと思います。

スポンサーリンク

IF文(条件文)やFOR文(繰り返し文)を理解するまでにかかった時間

プログラミングの基礎構文とも言えるIF文(条件文)やFOR文(繰り返し文)を理解するまでにかかった時間は、私の場合おおよそ100時間でした。

情報系の大学に通っていたので、プログラミングの授業は必修科目でした。

そのとき学んでいたのは「C言語」です。

当時の取り組み方としては、授業を受けるという意識だったので能動的ではなく、何となく周りの人もいるから、、、という気持ちでした。

はじめは特に決まり文句などを覚えなければいけない部分が多く、頭の中で「なぜ?」が大量発生していました。

そのため全然理解できていないまま単位取得認定の時期になりましたが、もちろん単位を落としかけていました。

教授の情けで再テストの機会を設けてもらったので、10時間程度は授業外の時間を使って、本気でプログラミングに取り組みました。

このタイミングでようやくIF文などの条件文やFOR文などの繰り返し文を理解することができました。

私は本気で取り組む10時間以外の90時間は無駄にしてしまったので、はじめから本気で取り組んでいれば30時間もあればこのレベルに到達できると思います。

プログラミングの楽しさを知り、実力も爆上がり

私が「楽しい!」と思いながらプログラミングできるようになるまでには、おおよそ200時間かかりました。

私が楽しみながらプログラミングできるようになったきっかけは、「PHPで自由にECサイトを作る」という授業の課題があったことです。

当時の私は乃木坂46が好きだったので、乃木坂46のCDを販売するECサイトを作りました。

決済機能やカート機能などはできませんでしたが、誰かに言われてやるのではなく、自分が作りたいものをイメージしてプログラミングすることの楽しさを知りました。

楽しみながらプログラミングしていたので、「こんなことしてみたい!」とか「もっとこうしたい!」という欲望が湧いてきます。

自発的にプログラミングをやるようになり、色々なことを試すため実力も爆上がりしました。

ただ当時はオブジェクト指向やメソッド(関数)についてあまり理解できていなかったので、DB接続する際は毎回同じコードを書くなど1ファイルに莫大な無駄なコードを書いていたため、実務では全然使えないレベルでした。

ただ、早い段階で自分が作りたいものを自由に作る経験をすれば同様に成長できると思うので、最短で50時間あれば楽しみながらプログラミングできるようになると思います。

メソッドを理解して入門書レベルの実力が身につく

私がメソッドを理解して入門書系の技術レベルは身についていると言えるくらいになるまでは240時間くらいかかりました。

当時私は大学3年の夏休みで5日間のインターンシップに参加していました。

ここではコーディングを勉強させてもらうような名目だったため社会勉強にはなりませんでしたが、PHPとMySQLで顧客管理システムをコーディングすることをしました。

このインターンシップを通してメソッドの良さ(1度書いたDB接続のプログラムを使いまわす等)が理解でき、簡単なプログラミングの入門書レベルは身についているといえるレベルになりました。

正直この期間はなくてもメソッドを理解したりはできると思います。

無駄なコードを書いていることに気付ける環境がある場合にはなるものの、このレベルは先ほどと変わらず50時間あれば到達できるレベルだと思います。

実務で問題なくコーディングできるレベル

私が実務で問題なくプログラミングできるようになるまでにかかった時間はおおよそ550時間です。

このときの私は社会人1年目で、常駐先で実際に誰かが使う、動くシステム作りをしていました。

実務に取り組み始めた最初はオブジェクト指向や3層アーキテクチャに関して知識がなさ過ぎて苦戦しました(すぐ理解しましたけど)が、他の人が書いたコードを見ながら勉強して実力を叩き上げました。

そんなこんなでこのレベルになるまで550時間も使っていますが、この後は1人で1アプリの改修をするなど、業務で問題なくプログラミングできるレベルになった。

入門書レベルの理解から300時間以上費やしていますが、160時間は研修のプログラミングタイムだったので実質150時間程度です。

この150時間は多少短縮できたとしても大きな差は出ないと思うので、本気で取り組めば業務で問題なくプログラミングできるレベルには200時間あればなれるでしょう。

200時間で実務をこなすレベルになるために

200時間というと、1日10時間で20日間。

1か月本気でプログラミングに取り組めば会社に就職して即戦力で働けます。

ただ、独学はおすすめできません。

正しい道がわからず遠回りする可能性が高いので、ある程度は成長できても途中で頭打ちすると思います(特にメソッドを使いこなすことやオブジェクト指向の部分はメリットを体感しないと理解しにくい)。

そんなときのために、 TechAcademy というプログラミングスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

基礎部分はカリキュラムを通して学習しつつ、わからないことがあったときにはメンターなどに質問することで解決できたり、道を開くことができると思います。

また、スクールといいつつもオンラインで受講できるので、全国どこからでもプログラミングを学ぶことができます。

よくわからないスクールにいきなり何万円も払うことができない、カリキュラムの進め方やメンターの質に不安があるのであれば 無料体験 があるので、とりあえずやってみることをおすすめします。

無料体験 で自分に合わなければやめてもいいし、もっと勉強したいと思えば正式に契約すればいい話です。

1か月でプログラミングを身につけて、エンジニアとして働きませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました