会社を辞めるときに引き止められても何が何でも辞めなさい

転職
スポンサーリンク

こんにちは。まつもんです。

こんな会社辞めてやる!!

あなたは今までのツラい社畜人生から抜け出そうとしています。

しかし、そう簡単に辞められるでしょうか・・・。

おそらくあなたの会社の上司は魅力的な話を持ち掛けてきて、辞めないように手を尽くしてくるでしょう。

それでも自分の意思を曲げてはいけません!

一度辞めると決めたなら、何が何でも会社を辞めましょう!

スポンサーリンク

辞めると決めたら、引き止められてもやめましょう

何度も言います。

辞めると決めたら、引き止められても会社を辞めましょう。

あなたがどのような理由で会社を辞めたいかは分かりません。

しかし、1度会社を辞めたいと思ったなら相応の理由があるはずです。

もし、魅力的な引き止めにあって考え直しても、1度辞めたいと思ってしまうと会社の嫌なところばかりが見えてくることでしょう。

一度考え直しても、すぐに会社を辞めたくなるのは目に見えています

続けてもそのうち辞めるのであれば、さっさと辞めて新しいことを始めた方が成長できます。

今日が一番若い日です。

人生の時間の使い方はあなた次第ですが、辞めたい会社を嫌々続けるのは時間の無駄遣いですよ。

辞めたいあなたを引き止めるときに会社が言う言葉

辞めたいあなたを会社が引き止めるとき、以下のようなことを言ってくるでしょう。

  • 給料上げるから
  • やりたいことやらせてあげるから
  • 今、うちの会社にはあなたが必要だから
  • お前なんてどこ行っても通用しないんだから

あなたにとって魅力的に見えるものはありましたか?

これらは魅力的に見せているだけで、実際はその場しのぎの言葉です。

どうしてその場しのぎなのか、解説します。

給料上げるから辞めないで

私の周りでも会社を辞めた人が何人もいますが、この引き止め文句はよく使われています。

実際、私が会社を辞めるときにも言われました。

私の友人には、この引き止め文句で引き止められた人がいますが「ちゃんと基本給が上がった」と言っていました。

しかし、「基本給上がったのにボーナス下がったから年収はあまり変わらなかった」と言っていました。

その場しのぎとして基本給は上げるものの、ボーナスを下げてトントンにしようと考える会社もあるので、この言葉で引き止められてはいけません。

この引き止め文句を言われたら、「どうせボーナス下げるんでしょ」と心の中で言って、聞く耳を持たないようにしましょう。

やりたいことやらせてあげるから辞めないで

仕事にやりがいを求めるあなたは、この引き止め文句を使われるでしょう。

しかし考えてみてください。

あなたのやりたいことをやれる環境は今の会社にありますか?

やりたいことをやれるのであれば、今できないのはなぜですか?

ここでやりたいことをやらせてあげるというのは、3年後か5年後か、はたまた10年後かの遠い未来の話です。

あなたの人生、時間は有限です。

そんな遠い未来の夢物語には聞く耳を持たないで、さっさと会社を辞めましょう

今のうちの会社にはあなたが必要だから辞めないで

人間の承認欲求を満たすこの言葉。

しかし、少し残酷なことを言うと、あなたがいなくても何とかなるのが会社です。

本当にあなたがいないと何とかならない会社はだったとしても、それは倒産寸前な状態なので残る方が危険です。

あなたの人生はあなただけのものです。

誰かに承認認められるためでなく、あなたがしたいことをする人生を送るためにも、さっさと会社を辞めましょう。

お前なんてどこ行っても通用しないんだから、もっとここで修業しろ

論外です。

こんなパワハラ会社は今すぐ辞めましょう。

そもそも、そんなこと言ってくる上司は他の世界を知っているんですか?

そんな会社は続ける方が周りが見えなくなり、どんどんあなたの価値が下がっていくので今すぐ会社を辞めましょう。

会社を辞めるときの注意点:次に何するか決めておこう

会社を辞めるときの注意点として、会社を辞めてから何をするか決めておきましょう。

  • 転職する場合は次の会社を決めておく
  • 世界旅行で新しい価値観を発見する旅に行く
  • フリーランスとして自分らしく生きる

上記は一例なので、あなたらしい次にやりたいことを決めておきましょう。

次にやることが決まっていれば、「給料上げる」や「好きなことやらせてあげる」など魅力的な引き止め文句で引き止めようとしても、止めようがありません。

会社の引き止めを振り切るためにも次何やるのかは決めておきましょう。

辞めると伝えたけど、どうしても辞めさせてもらえない場合

基本的には自力で辞められると思いますが、どうしても辞めさせてもらえない場合は退職代行を使いましょう。

退職代行とは、代行業者や弁護士を通じて、あなたが退職することを会社に伝えてくれるサービスです。

しかし、近年退職代行が有名になってきたせいか悪質な代行業者が出てきていると聞いています。

そこでおすすめしたい転職代行のサービスは、汐留パートナーズ法律事務所です。

汐留パートナーズ法律事務所は法律事務所であり、法律の知識を持った弁護士の方が対応してくれます。

オプションにはなるものの、未払い残業代の請求も対応してくれます。

トラブルの多い退職時の強い味方として、汐留パートナーズ法律事務所を活用してみてはいかがでしょうか。

会社を辞めたいと思ったら、何が何でも辞めましょう

会社を辞めると伝えたとき、会社はきっとあなたのことを引き止めるでしょう。

しかし、あなたの人生どう生きていくか決めるのはあなた自身です。

どうしても辞めさせてもらえない場合は退職代行を頼ってでも辞めましょう。

会社を辞めたいと思ったら、何が何でもやめて、あなたの人生を謳歌しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました