【一人暮らしの20代】10か月で100万円を貯金した方法【貯金ゼロから100万円】

お金

明日は給料日。

預金残高を確認するとついに、、、

100万円突破した━━━━(゚∀゚)━━━━!!

高校、大学時代はバイトしたお金を全額ゲーセンで使い切り、社会人になってもゲーム課金、リボ払い、奨学金の返済などで全く貯金できなかった私。

1年前はほぼゼロだった預金残高ですが、2019/12から貯金を始めてようやく100万円を貯めることができました!

そこで今回は、私が100万円貯金するためにしたことや意識したことをお伝えします。

投資や副業が上手くいったわけでもなく、誰でもできる方法で貯めることができたので、100万円を貯金したいと考えている方には参考になると思うので最後まで読んでいってください。

100万円貯金するためにやったこと

私が100万円貯金するためにやったことは主に

  • 転職
  • 節約

の2つです。

これらの2つは『お金持ちになるために必要な考え方』の記事でお話しした

資産形成 =(収入-支出)+(運用資産×運用利回り)

の数式にある(収入-支出)の部分であり、資産形成の上で大切な項目です。

私がやったこと以外にも収入を増やす方法はありますが、、、

投資はしていますが、毎月5000円しか積み立てていないため数千円しか利益が出ていません。

また、副業でもほとんど収入を増やせていません
(せどりは売れずに手元に残ってしまったり、ブログのGoogleAdSenseは2年経っても合計1000円も稼げていません)。

さらに、私のやった転職と節約は再現性の高い方法だと思うので、それぞれ具体的にお話しします。

転職して収入を増やす

まずは収入を増やす方法について。

私は27歳ですが、すでに2回転職しています。

新卒で入社した会社は年収300万円程度。

そこから社会人3年目の秋ごろ転職した会社では、提示額面で年収360万円になりました。

「提示額面で」と言っているのは、ほとんどボーナスが出なかったので、実質年収330万円程度でした。

一応年収は上がりましたが、一人暮らしや奨学金の返済でほとんど余裕がありませんでした。

そこで社会人4年目の冬に2回目の転職をしました。

2回目の転職では東証一部上場企業に運よく入社することができ、一気に年収480万円まで跳ね上がりました。

同じ会社にいても、給与テーブルに縛られてしまうため年収を100万円も一気に上げるなんて難しいです。

しかし、転職なら年収を100万円上げることが出来てしまいます。

しかも私の場合、やる仕事内容はほとんど変わっていません。

同じ仕事をしていても会社によって年収が変わってしまうので、より給料の高い会社に身を置くためにも転職しましょう。

節約して支出を減らす

次に、支出を減らす方法について。

節約は貯金を増やすうえで今日からでも効果がある、手っ取り早い方法です。

というのも、例えば1万円給料を増やそうとしたら1年間頑張って、上司にアピールして、人事考課で高評価をもらってようやく来年の給料が上がるかどうか、、。

しかし1万円を節約できれば、今すぐ手元にお金が残ります。

これが固定費であれば、毎月の貯金額が1万円増える。

そんな節約ですが、何でもかんでも節約と気を張っていては人生がつまらなくなってしまいます。

そこで私が取り組んだ主な節約は、

  • auから楽天モバイルへのキャリア変更
  • 光回線からモバイルルーターへの回線変更

です。

auから楽天モバイルへのキャリア変更

スマホのキャリア変更については、au時代は毎月10000円ほど支払っていました。

それが楽天モバイルに変更してからは月2500円ほどになり、すべて楽天ポイントで支払っているので実質タダになっています。

しかも楽天モバイルは現在300万人限定で「1年無料キャンペーン」 実施中!

スマホ料金が高くて変更を考えてるなら、今のうちに楽天モバイルに変更してスマホ料金を1年間無料にしましょう。

光回線からモバイルルーターへの回線変更

回線変更については、元々ソフトバンク光に契約していて毎月8000円ほどでした。

しかし今はモバイルルーターに回線を変えて、月3800円になりました。

個人的には通信速度に不満はなく、テレワークでも毎日活躍してくれているので文句ありません。

もっとモバイルルーターを使った感想が気になる方は『モバイルルーターを自宅用回線として使い始めて早半年。使った感想を正直にお伝えします。』の記事を見てみてください。

※ 現在もモバイルルーターを自宅用回線として利用していますが、テレワーク需要などにより通信障害が多く発生したため現在はオススメしていません。

これ以外にも職場へペットボトルの水を持参したり、自宅では麦茶を作ったりと細かい節約をしていますが、効果が小さいのでやりたい人だけやれば大丈夫です。

100万円貯金するために意識したこと

転職で年収が100万円以上上がってるんだから、100万円なんて貯金できるだろ

そういう声が聞こえてきそうなので先にお伝えします。

年収がいくら増えようと、何も考えず無駄遣いしてしまっては貯金できません。

そこで私は

  • 生活レベルを極力上げない
  • 無理な節約はしない

を意識していました。

これらは貯金するための行動以上に大切なことなので、それぞれについてお話しします。

生活レベルを極力上げない

多くの人は、年収が上がればそれに伴って生活レベルを上げてしまいます。

年収が2倍になれば家賃が2倍の家に住む。外食を増やす。旅行に行きまくる。必要もないものを買ってしまう、、、。

そんなことしていては、一向に貯金はできません。

私は年収360万円(実質330万円ですが)のときにおおよその生活が安定するようになったので、年収480万円になっても生活レベルを上げないことを意識的にしていました。

これを意識していなければ、2回目の転職で引越しをしたり、自炊をやめていたかもしれません。

多くの人が陥る罠ですが、少し意識するだけでも貯金できるようになるので、収入が上がったからと言って生活レベルも無理に上げることはやめましょう。

無理な節約はしない

また、無理に節約しないようにも意識しました。

旅行に行ったりもしますし、時には外食もします。

無理な節約は、いろいろなことを我慢する必要があり、のちに大きな反動でお金を使ってしまうことを私が身をもって知っているからです。

決して裕福ではない家庭に生まれた私は、普段からお金関係で我慢することが多かったです。

私は高校生でアルバイトを始め、自由に使えるお金を初めて持ったことで我慢せずすべて使い切っていました。

そんな過去が大学生まで続き、無理な我慢は逆にお金がたまらなくなることを知っていました。

何が無理な節約かというと、自分がしたい(欲しい)と思ったことを、お金を理由にやらないことだと思っています。

自分が「これ欲しい!」とか「これやりたい!」と思ったことは無理に押さえつけないで、素直になって行動しました。

反対に、「誰かがオススメしたこと」などは本当に自分が欲しいのか、自分がしたいことなのかを自問自答するようにしました。

自問自答することで衝動的にモノを買うことがなくなり無駄遣いがなくなります。

無理な節約はしないけど、欲しいものは買うのが貯金のコツです。

今後、貯金を続けるか

とりあえず貯金をする上での一つの壁である100万円を突破できました。

このまま貯金を続ければ、300万円、500万円、ゆくゆくは1000万円と貯金額を増やせることでしょう。

しかし、今回貯めたかったのは生活防衛資金であり、貯金を続けるつもりはありません。

今後の予定については別の記事を書こうと思っているので、そちらでお話しします。

それでは、今回はここまで!

タイトルとURLをコピーしました