ヘッドハンティング、引き抜き、紹介での転職面接は何を準備する?この3つは忘れず準備しよう

転職
スポンサーリンク

ヘッドハンティング、引き抜き、紹介で転職を考えているあなた。

上記で入社する次の会社はきっと大幅な年収アップや、やりがいのある仕事を任せてもらえることになるでしょう。

しかし、紹介だからと言って準備を何もせず面接に挑むと、キチンとした受け答えができず、待遇が想定より悪くなるかもしれません。

最悪の場合は「ご縁がなかった」ことになりかねません。

このような事態にならないためにも、これから紹介する3つのことは面接前に準備しておきましょう。

スポンサーリンク

ヘッドハンティングや紹介での転職における面接対策

ヘッドハンティング、引き抜き、紹介で転職する場合の面接では、少なくとも以下のことは準備してから挑みましょう。

  • 最低限の業界、会社研究
  • 自分が該当する年収テーブルの把握
  • 最低限の面接対策

ヘッドハンティングされているのになぜ上記のことを準備しておく必要があるのか、解説します。

最低限の業界、会社研究

もしあなたが先方の会社と取引経験があったり、共に仕事をしたことがある場合は問題ないかもしれませんが、最低限の業界研究と会社研究はしておきましょう。

とはいえ、新卒のようなガチガチな研究は必要ありません。

先方のホームページから会社概要や、どのような事業をやっていて、どこに力を入れているのか程度を把握するだけで問題ありません。

これができていないと残りの2つもできませんし、「自分のやりたいことと違う」などのミスマッチをあらかじめ防止することができます。

年収テーブルの把握

次は転職時に大事なキー項目になるであろう年収について。

転職時には希望年収を聞かれることになると思います。

ここでは希望する年収が、自身の経験と照らし合わせて先方の会社で妥当な金額かあらかじめ把握しておきましょう。

確認の方法は簡単で、先方会社の採用情報ページや転職サイトで先方会社がどんな人にいくら払っているのか、モデルケースを見ることです。

そうすることで、謙遜して自分を安売りすることや、先方会社の年収テーブルから乖離した金額を希望することを避けられます。

また、乖離した金額を提示すると面接で難しい質問をされる可能性が高くなります。
反対に妥当な金額を提示すると「この人の年収感覚はウチの会社の年収テーブルと近いのかな」と安心感を与えることができます。

実際に希望する年収が先方会社の年収テーブルより高くても戦えますが、面接の難易度が上がることは覚悟しておきましょう。

面接対策

最後は面接対策です。

ヘッドハンティングや紹介の場合、すでに内定が決まっているようなものという考えがありますが、形式的な質問はあると考えておいた方がよいです。

ただし、そんなに力を入れすぎなくてもよく、以下のことを一夜漬けで暗記して、ある程度話せるようになっておけばいいと思います。

  • 経験/経歴
  • 志望動機
  • 長所/短所(強み/弱み)
  • 会社に入って、どうなりたいか
  • 逆質問

見てもらうとわかりますが、いたって普通の面接と同じです。

プラスで聞かれるとしたら、「なぜ会社を辞めたいのか」等ですが、準備しなくても今の会社を辞めたい理由を素直に答えれば大丈夫です。

むしろ用意しすぎると、あなた自身が形式的になりすぎて魅力を伝えきれません

用意しすぎないようにしつつ、しかし当日変な受け答えをして面接官に悪い印象を与えない程度に面接対策しましょう。

ヘッドハンティングや紹介でも、準備することは普通の転職と同じ

見ていただいた通り、ヘッドハンティングや引き抜き、紹介などで転職する場合も、普通の転職のときと同じように準備をしましょう。

ただ、ヘッドハンティングや紹介などは普通の転職エージェント経由の転職に比べると採用率も高く、待遇もよくなりやすいので、せっかくのチャンスを逃さないように転職しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました