掃除嫌いな私が13000円で格安ロボット掃除機を買ったら生活の質が爆上がりした

スポンサーリンク

掃除機かけるのって面倒くさくないですか?

私は掃除が嫌いです。

もし、あなたも同じように考えているのであれば、ロボット掃除機を使ってみませんか。

たとえ一人暮らしで部屋が狭かったとしても、ロボット掃除機を使うメリットはたくさんあります。

そこで、この記事ではなぜ一人暮らしでもロボット掃除機を使ったほうが良いのか、お伝えします。

スポンサーリンク

嫌いなことはやらなくていい

私は掃除が嫌いです。

掃除機使うにしても、部屋の奥に片付けてある掃除機を取り出して、コンセント繋いで、部屋を一周して、、、。

たった6畳程度の部屋で一人暮らししてますが、この動作すらめんどくさいと私は思ってしまいます。

でも、掃除機かけないとホコリや髪の毛まみれの部屋になってしまい、それはそれで嫌なんです。

掃除機かけるのもストレス、掃除しなくてもストレス、、、。

掃除に関してはストレスで八方塞がりになってしまい、泣く泣く掃除機をかけていました。

しかし

掃除が嫌いなら、やらなければいいじゃん

と、ふと思いました。

「掃除なんて誰でもできるから、自分でやらなくてもいいじゃん。掃除が好きな人にやってもらえばいいじゃん。」

そう考えた私は、さっそく家事代行サービスのページを見に行きますが、、

高くて頼めないし、そもそも普段の掃除をお願いするようなサービスではない、、、。

(年に一度の大掃除のようなものであれば家事代行を依頼する価値があると思います。)

他に自分で掃除をしなくてもいい方法がないか調べると、最近では比較的安くロボット掃除機が買えることを知りました。

格安ロボット掃除機を買ってみる

ロボット掃除機自体の存在は知っていましたが、一番有名なiRobot社のルンバしか知らず、値段が高くてずっと買えないでいました。

いや、金銭的には買えるんですが、一人暮らしの部屋に3万とか5万の掃除機はさすがにコスパが悪いなとずっと手が出せず。

しかし調べてみると、ルンバ以外にも色々な会社がロボット掃除機を出しているんですね。

中には1万円台で買えるのもあり、「安かろう悪かろう」とならないことを祈りながら、13000円くらいでロボット掃除機を買いました。

※ 結果、悪かろうにはなりませんでした。

ちなみに、私が買ったロボット掃除機がコレ。

私が購入したときは楽天市場で15040円からポイントが2000ポイントほど付与されたので、かなりお得に買うことができました。

ロボット掃除機のメリット

私がロボット掃除機を買って感じたメリットは以下の3つです。

  • 掃除機をかけなければいけないストレスから解放された
  • 掃除機をかけないことによるストレスから解放された
  • 床にモノを置かなくなった

ストレスから解放される点についてはロボット掃除機を買う前からある程度分かっていたメリットですが、実際に使い始めて気付いたメリットもあるのでご紹介します。

掃除機をかけなければいけないストレスから解放された

まずはこれですね。

掃除嫌いにとって、掃除機をかけなければいけないストレスから解放されるのはかなり気持ちが楽になりました。

リモコンのボタンを押して外出すれば、帰ってきたころには掃除機をかけ終わっています。

もう掃除機をかけなければいけないというストレスに悩まされることはないでしょう。

掃除機をかけないことによるストレスから解放された

1つ前と似てしまうのですが、掃除機をかけないことによりホコリや髪の毛が散らばっていても、リモコンのボタンを押して外出すれば勝手にロボット掃除機が吸い取ってくれます。

おかげで生活環境は改善され、生活の質はかなり上がったと思います。

(もともと何週間も掃除機をかけないこともあったくらいなので、、、、)

床にモノを置かなくなった

これはロボット掃除機を使い始めてから気付いたことですが、床にモノを置かなくなりました。

というのも、床にモノを置いているとロボット掃除機が上手く掃除してくれません。

ロボット掃除機を起動する直前に片付けようとしても、外出の前で時間がなかったりするので、普段から床にモノを置かないよう意識するしかありません。

結果として床にモノを置かなくなったのですが、おかげで部屋がスッキリし、居住空間が広くなりました。

掃除が嫌いで買ったロボット掃除機ですが、床にモノを置かなくなり部屋が広くなるという、思ってもいなかったメリットがありました。

ロボット掃除機のデメリット

そんなメリットのあったロボット掃除機ですが、使ってみるとこんなデメリットも見えてきました。

  • 床にモノを置けない
  • 入り組んだ隙間やロボット掃除機の入れない場所は掃除できない
  • 在宅ワークだとロボット掃除機に掃除してもらう時間が確保しにくい

特に3点目は新型コロナウイルスの影響で見えてきたデメリットであり、時代によってもメリットデメリットが増減するんだなと実感しています。

ロボット掃除機を購入する際には、自分の生活スタイルにあっているかなども検討する必要がありそうです。

床にモノを置けない

メリットで「床にモノを置かなくなった」と挙げましたが、反対に言うと床にモノを置いてしまったらロボット掃除機の効果が薄れてしまいます。

自分で掃除機をかける場合、ある程度モノを移動させながら掃除機をかけることができます。

しかしロボット掃除機の場合は勝手にモノを押して掃除するので、軽いものは結構移動させられます。

普段から荷物やリモコンなどを床に置く人とっては、この「床にモノを置かないようにする」改善が負担になってしまうかもしれません。

入り組んだ隙間やロボット掃除機の入れない場所は掃除できない

当然ですが、ロボット掃除機のサイズより小さい隙間は掃除することができません。

普段使っている掃除機には角用のノズルを使って掃除することができますが、ロボット掃除機の場合はどうしても掃除できない場所も出てきてしまうかもしれません。

また、こういった小さい隙間ほどホコリがたまりやすく掃除機をかけるべき場所になるので、ここにロボット掃除機が使えないのはデメリットになってしまいます。

在宅ワークだとロボット掃除機に掃除してもらう時間が確保しにくい

私がロボット掃除機を買ったのは2020年3月です。

このときは「仕事行くときにロボット掃除機を起動して、帰ってきたころにはキレイになっている」という考えでいたのですが、4月から在宅ワークになったことでこの計画が崩れました。

また、外出自粛があったり、そもそも普段からあまり外出しない性格ということもあり、ロボット掃除機に掃除してもらう時間が全然作れません。

私の買ったロボット掃除機はおおよそ100分掃除してくれるのですが、散歩+買い物みたいに無理やり掃除する時間を確保するようにしています。

一人暮らしの場合はこの方法で何とかなりますが、結婚していたり子供がいたりすると、100分以上全員が外出している時間を確保するのは難しいかもしれません。

あなたの生活スタイル次第ですが、ロボット掃除機を使えるタイミングが全然ないってこともあり得るので、この時間が確保できない人にとってはデメリットになってしまいます。

掃除機かけるのがめんどくさいなら、ロボット掃除機に頼ろう!

掃除嫌いな私は、掃除機をかけることをやめました。

私の代わりにロボット掃除機に掃除してもらうことで、ストレスもなくなり、掃除する時間が自分の自由時間になりました。

メリットデメリットもありますが、掃除機かけるのがめんどくさいなら、ロボット掃除機に頼って私と一緒にストレスから解放されませんか?

追記:

私が買ったものと同じロボット掃除機ですが、数回使ったものがメルカリで11500円で売れていました(2020/08/23に確認)。

「自分の家ではロボット掃除機の効果がなかった」等の事情があってもメルカリで売れるので、生活の質が上がるかの投資として買ってみるのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました