20代で2回目の転職。必要なものは○○と○○です

その他
スポンサーリンク

どうも、なおです。

私は26歳の時点で2回転職を経験しました。

新卒で入社した会社には2年半、2社目の会社は1年ちょっと在籍した後、一部上場企業への転職に成功しています。

多くの場合、20代で転職を2回もすると「どの会社でも続かないやつ」とか「やる気のないやつ」と思われてしまうかもしれません。

しかし私のように実際に20代で2回の転職に成功している人もいます。

そこで今回は私の転職経験から2回目の転職で必要なもの2つについてお話しします。

スポンサーリンク

20代で2回目の転職に一番必要なもの

20代で2回目の転職に一番必要なこと。

それはスキルです。

20代の転職、特に第二新卒の転職ではスキルはあまり必要ないといわれることが多いです。

ただしそれは転職1回目までの話。

本来、会社は転職を何度も繰り返している人間を欲しいと考えません。

またすぐに転職されるかもしれないリスクがあるからです。

それでも雇いたいと思わせるためには、あなた自身の実力を証明するスキルを持っている必要があります。

少なからず数年は社会人として仕事をしているはずなので身についたスキルがあるはずです。

そのスキルをアピールできるよう、しっかりと自分の経験を棚卸しておきましょう。

ちなみに私は2回目の転職先には常駐する形で一緒に仕事をしていたこともあり、スキルの証明はあらかじめできていたので特に問題にはなりませんでした。

20代で2回目の転職に二番目に必要なもの

20代の2回目の転職でスキルの次に必要なものはそれまでの会社を辞めた理由です。

1回目の転職では会社を辞めた理由について「やりたいことができない会社だった」や「思っていた雰囲気と違った」などありきたりなもので通ると思います。

しかし、2回目以降の転職となると2回とも同じような理由にするわけにはいきません。

2社とも「思っていた雰囲気と違った」のように言ってしまうと、「同じ過ちを繰り返す人間」のようなレッテルが張られてしまい転職に不利になります。

私の場合、1社目をやめた理由は「起業を考えている人と共に準備をするための転職」、2社目をやめた理由は「起業を考えている人との意見が食い違い、共にいる必要がなくなった」と説明しました(事実をそのまま述べただけですが)。

1社目をやめた理由、2社目をやめた理由は簡単に考えるのではなく、しっかりと論理立てて筋の通ったあなたの考えを答えられるようにしておきましょう。

20代で2回目の転職は1回目と求められるものが違う

20代の2回目の転職で特に求められるものは、スキル会社をやめた理由です。

第二新卒などではスキルがなくてもポテンシャル採用する企業も多くありますが、2回目となると同じようにいきません。

あなたがこれまでの会社で身につけたスキルをしっかりと棚卸して、転職した後でも即戦力で使える人材と証明しましょう。

また、会社をやめた理由で加点がもらえるような、せめて減点されないようなしっかり筋の通った考えをまとめておきましょう。

特にスキルがない場合はこれからスキルを身につけよう

この記事を読んで「スキルがないともう転職できないのか、、、」と諦めてしまったあなた。

スキルがなくて諦める必要は全くありません。

これからスキルを身につければいいんです。

いま、深刻なエンジニア不足に陥っています。

というのも、ITの進化はすさまじく、あなたの日常でもスマホやパソコンなどのITがなくてはならないものとなってしまいました。

その反面、日本では少子高齢化が進むことで仕事のできる年齢の人が減り続けるので、今後エンジニアの需要は増えていきます。

あなたもITのスキルを身につけて、エンジニアとして転職してみませんか?

エンジニアになるためには理系である必要もオタクである必要も特殊なスキルも不要です。

・エンジニアは理系のオタクがやる特殊なスキルを持っている人がやるもの

・IT業界はブラック

・高額なプログラミングスクールに通わなければいけない

のようなことを考えるかもしれませんが、すべて間違いです。

エンジニアは理系のオタクがやる特殊なスキルを持っている人がやるもの?

エンジニアは理系のオタクがやる特殊なスキルを持っている人がやるもののイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

文系出身の人もたくさんいますし、はじめはスキルなんて必要ありません。

そして最近はオタクが少なくなり、可愛い女子のエンジニアも増えてきています。

今ではエンジニアになるハードルも下がってきているので、いろいろな方がエンジニアとして働いています。

IT業界はブラック

確かにIT業界がブラックといわれた時代もありました。

終電までや泊り込みでの仕事などのイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかしそれは数年前までの話です。

今では36協定や働き方改革の影響もあって残業はかなり減りました。

もちろん、少し残業して頑張らなければいけない時期もあったりしますが、ほんの少しの期間だけ頑張れば大体定時で帰れます。

また、どこでも仕事になる場合が多いのでテレワークの普及率も高く自由な就業形態をとれる企業も多いです。

ブラックなIT業界はすでに終わりを迎えているので安心して大丈夫です。

高額なプログラミングスクールに通わなければいけない

エンジニアになるためのスキル習得として、高額なプログラミングスクールに通わなければいけない。

確かにプログラミングスクールは数十万と費用のかかる場合があります。

しかし、GEEK JOBという無料でプログラミングが学べて転職のサポートもしてくれるサービスがあります。

GEEK JOBは参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしても、転職成功率は95.1%という実績があります。

プログラミング学習では、講義形式ではなく「反転学習」により自らすすんで学習するスタイルであり、学習した内容が定着しやすくなっています。

また就職支援では、面接のロールプレイングから実際の仕事を体験するアクティビティを取り入れているため、 選考突破方法だけでなく就業後にも役に立つ働き方が身につきます。

オンラインでの学習環境が完備されているため、外出自粛となっても問題なく、スクールに通うという手間も不要です。

無料でプログラミングを勉強できて、転職サポートまでしてくれるGEEK JOBを活用してエンジニアに転職しましょう。

【↓GEEK JOBが気になる方はこちら↓】

コメント

タイトルとURLをコピーしました